iFOREX(アイフォレックス)の評判は賛否両論!独自の視点でガチレビュー!

iforex-reveiw1

キプロスに拠点を持つ1997年創業の海外FXブローカーiFOREX。

口座資金が尽きるまでポジションをもてる脅威の「ロスカット水準0%」を筆頭に100%入金ボーナスなど、ハイレバ資金効率抜群の取引環境を提供しています。

Contents

オタク三郎なりのiFOREXに対する見解!億超えトレーダー出現の理由がわかる

iforex1

iFOREXは管理人が海外FX始めたての頃にかなりお世話になったブローカー。

「小難しいことを何も考えずにシンプルな取引ができる」ということでiFOREXを重宝していました。

  • 入金した金額が0になれば負け
  • 利益が出たら自分の好きなタイミングで決済すれば勝ち

要するに勝つか負けるかの2者択一ギャンブルトレードができるというわけです。

400倍のハイレバ証拠金が2倍になるボーナスで大きなポジションを持って、後は動向を見守るだけ。

含み損が増えても、証拠金がなくなるギリギリまで粘って相場反転のチャンスを伺うことができます。口座残高0までロスカットされないのはiFOREXだけです。

 

「FX取引にあまり詳しくない」
「取引に使える資金が少ない…」

という方でも、一攫千金を狙える無限の可能性を秘めてるのがiFOREXです。

クレジットカードさえあれば口座開設から取引まで3分しかかからないので、今すぐにでも取引を始めることができます。

iFOREXで一攫千金を狙う

 

ギャンブルトレーダー御用達の口座だからこそ、たまに2chに出現する「8桁超えトレーダー」

管理人もiFOREXでの取引は投資というよりもほとんどギャンブルだと思っています。

 

ネットなどで見る「1,000万の利益が出ました!」「億超えトレーダー登場」はほとんどiFOREXで取引しているパターン。
ギャンブル気質のトレーダーが倍倍ゲームで天井知らずの利益を上げているというわけです。

証拠写真としてネットにキャプチャまでアップしているところをみると、iFOREXの回し者ではないでしょう。ホント羨ましい限りです…

小心者の管理人はiFOREXで大勝負したことはありませんが、運がよければ資金の数十倍を稼げるスペックを持ったブローカーだということは間違いなさそうです。

 

【iFOREX唯一無二】ロスカット水準「0%」でボーナス×ハイレバ×ゼロカット

ロスカット水準が0%ということは「口座残高=含み損」になるまでポジションを持てるということ。

証拠金維持率が0%になるまでポジションを持つことができます。

同じ入金額、同じレバレッジで取引したとすると、他のどの海外FXブローカーよりも粘り強くポジションを持つことができるのがiFOREXです。(※他の海外FXブローカーはロスカット水準が低くて20%程度です。)

 

ギリギリまで粘って相場が変わるチャンスを狙うことができるので、最後の最後で「9回裏逆転サヨナラ満塁ホームラン」のような大どんでん返しも起こりえます。

 

ロスカット水準0%にもう一声!

例えば「証拠金維持率が20%以下で強制ロスカット」のブローカーで取引する場合を考える。

1万円入金したとすると8000円分の含み損が出た時点で強制ロスカット。ロスカット後の口座残高は2000円だ。

 

口座に2000円残ったところで、何も嬉しくないはず。ちなみに私は全然嬉しくない。

それならあと2000円分粘って、負けが決まらないまま逆転のチャンスを待つ方がいいだろう。

ちなみに「口座残高0」=「負け」が嫌なら、自分で逆指値の注文を入れとけばいいだけの話だ。

しかもボーナスとハイレバレッジで資金効率は抜群。追証なしのゼロカットシステムもあるので、大胆にポジションを持って一発逆転を狙えます。

iFOREXで一攫千金を狙う

 

入金額が2倍になるボーナス×レバレッジ400倍!極限までポジれる

iFOREXは資金効率抜群

iFOREXに初めて入金すれば、入金額と同じ分だけの証拠金をタダでもらうことができます。(※「トレーディングチケット」という形で出金はできません。)

1万円入金すれば2万円、2万円入金すれば4万円の資金で取引できるので、証拠金の確保には困らないでしょう。

 

ボーナスでガッツリ増やした資金に最大400倍のレバレッジを効かせてポジションを建てられるので、資金効率は抜群です。

【2万円入金した場合】

  1. ボーナスで2万円が4万円になる
  2. 4万円の証拠金で1600万円分(レバ400倍)のポジションを持てる

2万円の入金で1600万円分のポジションが持てるので、用意した資金の800倍の大きさの外貨を買ったり売ったりすることができる。

他の海外FXブローカーよりも余裕をもってポジションをiFOREXだからこそ「口座資金いっぱいにレバレッジを効かせた取引(※)」がしやすくなっています。

※例えば1万円入金してドル円(100円/ドル)40万通貨のポジション(レバレッジ400倍)を持つこと。

 

この抜群の資金効率で【金/ドル】【銀/ドル】含む63種類もの通貨ペアが取引OKです。(→iFOREXで取引できる通貨ペア

ロスカット水準0%で追証なしのゼロカットはスゴい

iFOREXは追証なし

ロスカット水準0%ということは少しでも強制ロスカットの注文遅れてしまうと口座残高がマイナスになってしまいます。

iFOREXで取引する方はギリギリまでポジションを保持するケースが多いと思うので、トレーダーの口座残高マイナスは多発するはずです。

 

それなのにiFOREXは追証なしのゼロカットシステムを採用しています。仮に口座残高がマイナスになっても「追加で入金してくれ」とは一言も言ってきません。

絶対に入金額以上負けないので、心置きなく口座残高が0になるまで粘ってポジションを持つことができます。

(関連:追証なしゼロカットは海外FXだけ!借金地獄に近いのは国内FXだった?!

 

iFOREXの懐の深さが伺える

ロスカット水準0%でトレーダーの口座がマイナスになりやすいのに追証がないなんて、iFOREXは懐が深いな~。

裏を返せば他のブローカーは追証を補うのがイヤだからロスカット水準を低めに設定しているのかー。

iFOREXで一攫千金を狙う

 

iFOREXのここはハッキリ「ダメ!」

他の海外FXブローカーにはない唯一無二の取引ができるiFOREXですが、フォローのしようもないデメリットがあるのも事実です。

  • サーバーが弱くて約定力に不安
  • 出金の手数料が割高で手続きも面倒くさい

 

サーバーが弱くて約定が不安

iforexはサーバーが不安

iFOREXとの付き合いは今年で4年目になりますが、サーバーの脆さは一向に改善しません。

取引画面がフリーズしたり、注文しても約定するまでに時間がかかることもチラホラ。

もちろん日常茶飯事で滑りまくりなわけではありませんが、管理人が使って見た体感では他の海外FXブローカーよりも約定力が弱い印象です。

 

管理人の感覚がマヒしてるだけの説もある…

最近約定力が高いのが当たり前の海外FX取引ばかりしすぎて、感覚がマヒしてるだけの説もある。

この前ちょうど気まぐれで以前使っていった国内FXブローカーで取引してみたけど、約定のスピード感はiFOREXと近しい印象を受けた。

国内FXに約定環境があまり気にならなかった方なら、iFOREXでもそれほどストレスを感じることはないだろう。

出金が手数料がかかって面倒くさい

iFOREXの出金は銀行送金がメインになります。

クレジットカードでも出金できないことはありませんが、あくまで入金した金額まで。入金額を超える出金は全て銀行送金で手続きされます。

iFOREXの銀行送金は正直他の海外FXブローカーと比べて、コスト面でも利便性の面でもネックです。

  • 海外送金の出金手数料が他のブローカーよりも高い
  • 海外送金で出金するには「出金依頼書」を作らないといけない

海外送金で出金すると銀行に受取手数料を払わないといけないのはどこのブローカーも同じですが、iFOREXは他にも別で手数料を2000円ほど徴収してきます。

また手続きする時は出金依頼書を作らないといけません。

iFOREXの出金依頼書

全9項目をローマ字で入力しないといけないので少し面倒です。

 

出金はまとめてやるべし

iFOREXは月3回10万円以上の出金なら手数料を徴収しない。上述の通り手続きも少し面倒だから「利益が出たらまとめて出金する」というのがいいだろう。

iFOREXの賛否両論わかれるところ

ここまではiFOREXのまごうことなきメリット、どうしようもないデメリットを紹介してきましたが、中には賛否両論別れるような「メリットにもデメリットにもとれる」特徴もありました。

  • スプレッド問題
  • 取引プラットホーム問題

管理人なりの意見も添えながら1つ1つ見ていきたいと思います。

 

スプレッド問題

iFOREXのスプレッドは「原則固定で広め」なのが特徴です。

取引量が少ない午前中の時間帯にもスプレッドが広がりにくいというメリットはあるものの、スプレッド自体は広めなのでスキャルピングのような短期売買には向いていません

【賛】取引の流動性が低くても広がりにくい

固定スプレッドのメリット

海外FXでいわゆる「低スプレッド」で取引できるブローカーのほとんどは変動スプレッド。コンマ0秒の世界でころころスプレッドが変化します。

取引時間全体で平均すればスプレッドは狭めですが、取引量が少ない時間帯は注文を決済させるためにスプレッドが広がってしまいます。

一方で固定スプレッドのiFOREXでは取引量が少なくてもスプレッドが広がりません

さすがに経済指標が発表された翌週明けはスプレッドが広がってしまいますが、時間帯によっては「iFOREXの方がAxiory(※)よりもスプレッドが狭い」ことも起こりえます。
(※Axiory(ナノスプレッド口座)は管理人が使ってきた全23口座の中で、1番スプレッドが狭い業者です。)

【否】スプレッド広すぎ

正直シンプルに「スプレッドの広さ」だけみると国内FX経験アリのトレーダーはドン引きするレベルです。

参考までにiFOREXの主要通貨ペアのスプレッドを紹介しておきましょう。

 通貨ペア スプレッド
ドル円 1.8pips
ユーロ円 1.8pips
ポンド円 5.0pips
オージードル円 5.0pips
ユーロドル 1.8pips
ポンドドル 3.0pips
オージードル米ドル 3.0pips

iFOREXでスキャルピングでもしてみようものなら、取引コストがバカになりません。

スキャルピング用の口座をお探しの方は海外FXスプレッドランキングを見てみてください。

 

ただ取引1回あたり30pips~40pipsの利幅を狙うようなデイトレードならスプレッドの広さは無視してもいいと思ってます。

例えばドル円の取引1回で30pipsの利幅を抜いたとすると、スプレッド(1.8pips)のコストなんて微々たるものですよね。

しかも最初に説明したようにiFOREXは取引1発で利幅をかっさらう取引に特化した口座です。
管理人もロスカット0%を活かしたデイトレードでたまに使っています。

使い方を間違えない限り「スプレッドが広い」というiFOREXのデメリットはあってないようなものです。

 

iFOREXのスプレッドに一言

「iFOREXでスキャルピングする」というような暴挙に出ない限り、スプレッドには目をつぶって良いんじゃないの??

iFOREXで一攫千金を狙う

 

取引プラットホーム問題

iFOREXは他の海外FXブローカーが軒並み対応しているMT4プラットホームに対応していません。

国内FXのような業者独自のプラットホーム「FXnet Trader」を使って取引することになります。

【賛】独自プラットホーム「Fxnet Trader」がまあまあ使いやすい

fxnettraderのイメージ画像

iFOREXの「FXnet Trader」はプラットホームとしてはMT4と同じくらい使いやすい仕様です。

ワンクリックのクイック注文OKで、各ウィンドウを動かして自分好みにカスタマイズするのもOK。
MT4ほどとは言いませんが、移動平均線など標準でテクニカル分析用のインジケーターは最低限揃っています。

特に管理人が1番気に入っているのは指値・逆指値注文が出しやすいこと。

「1万円利益が出たら指値決済」
「口座残高が20%減ったら逆指値の損切り」

のように具体的な数字を使って予約注文を出すことができます。これはMT4には用意されていない機能ですね。

公式ホームページには「クイックスタートガイド」が用意されているので、初めての方でもすぐに使いこなせるようになるでしょう。

もちろんWindowsのPCだけでなく、Macにも対応していて、スマホ(Android, iPhone)やタブレッドのモバイル端末からも取引できます。

【否】MT4に対応していない

すでに海外FX歴が長くてMT4に慣れ親しんでいる人は少し不便に感じてしまうと思います。

  • MT4対応のEAを回せない
  • MT4対応・標準装備のインジケーターを使えない

ただあくまでMT4未対応がデメリットになるのは「iFOREXをメイン口座として乗り換えるなら」の話です。

MT4でEAやインジケーターを使いたい方はiFOREXをメインで使わなかったらいいだけの話です。

管理人的にも他のブローカーメインで取引している方に口座の乗り換えは無理強いするつもりもありません。
あくまで「ハイレバ一発勝負のトレードするなら、使ってみたら?」という提案をしているだけ。そこにインジケーターやEAが入り込む余地はありません。

MT4が使えないからという理由だけでiFOREXを敬遠するのは少しナンセンスな気がします。

 

iFOREXのプラットホームに一言

MT4ばっかり使ってきた人は多少戸惑うかもしれないが、慣れれば便利に使えると思うけどな。

でも今までMT4のようにEAやインジケーターは使えなくなるから注意!

iFOREXの安全性・信頼性に切り込む

結論から言うと、iFOREXは安全に取引できるブローカーだと言えます。

iFOREXが安全だといえる根拠
  • 1996年から運営している老舗ブローカー
  • キプロスのライセンスを取得している

またトレーダーの資金はブローカーの運営資金と分けて分別管理されているので、資金を勝手に流用されてしまう恐れもありません。

iFOREXで一攫千金を狙う

 

1996年から海外FXブローカーとして生き残っている

1番の根拠は運営歴。FXブローカーとして運営を始めてから今年で20周年になります。(2016年11月現在)

突然日本人向けサービスを停止するブローカー(※)もある中でこの数字は驚異的です。
(※有名なところではPepperstoneやThinkforex、最近ではACFXやMxtradeが突如日本市場から姿を消しました。)

すぐに出金拒否をするような詐欺業者ならこれほど長い間生き残ってこれないはずですよね。悪い噂はすぐに回って誰も取引しなくなりますから。

「ウチは信頼できるブローカーですよ」ということを、iFOREXというブローカー自身が体現していると言えるでしょう。

信託保全は「業者が倒産したら」の話

iFOREXは「万が一倒産したら資金を補償してあげるよ」という信託保全を明記していない。

ただ信託保全はブローカーが倒産して初めて意味のある制度。

iFOREXの本社のあるギリシャが財政危機にみまわれても涼しい顔をしていたところを見ると、iFOREXが急に倒産することは考えにくい

ポっと出のブローカーで信託保全なしは不安だが、iFOREXに関しては「信託保全なし」を大きなマイナスポイントだと考える必要はないだろう。

日本人向けサービスのパイオニア!日本語サポートも手厚い

運営歴が長いだけあって、日本人に対するサポートも万全です。

iFOREXの日本人向けサポート5種類
  • 電話(+30-210-374-2583)
  • FAX(+30-210-374-2598)
  • メール(cs-jp@iforex.com)
  • コールバック(メールで折り返し電話を希望する)
  • ライブチャット(公式ホームページから)

平日は24時間体制でサポートがスタンバイしているので、トラブル・不明点にも素早く対応してもらえます。

 

キプロスのライセンスに登録している

海外FXブローカーの登録ライセンスとしては2番目に登録が難しいキプロスのライセンス(CySec)に登録しています。

もちろんライセンスだけが全てではありませんが、どこの許可・規制も受けずに好き勝手運営しているブローカーだと言う線は消えました。

 

マイナーライセンス2つで「突然撤退」のリスクヘッジも万全

iFOREXはキプロスライセンスの他にも2つの金融ライセンスに登録しています。

  • 英領バージン諸島の金融サービス委員会(SIBA)
  • ハンガリー国立銀行

正直この2つのライセンスがあるからといって、iFOREXの信頼性がグっと上がるわけではありません。どちらのライセンスも簡単に登録できます。

 

おそらくiFOREXがキプロス以外のライセンスを取得しているのは「日本市場突然撤退」のリスクヘッジの意味合いが大きいでしょう。

急に日本の金融庁がキプロスのCySecに「iFOREXに日本人向けサービスをやめさせてくれ」と言わないとは限りませんからね。

法人をオフショアに移して別ライセンスで日本人向けサービスを続行する準備は整っていると思います。

 

iFOREXに関して最後にもう一言

海外FX初めての方は「iFOREXはギャンブル」と割り切って取引したほうがいいと思います。

難しいことを考えずに「少額入金で口座資金が0になるか倍になるか」の取引をするのがベスト。追証なしのゼロカットは約束されているので、入金した金額以上は絶対に負けません。

 

すでに他の海外FXで取引している方もiFOREXの口座を作っておいて損はないでしょう。

ロジックに裏付けされた緻密なトレードに疲れる時もあるはず。そんな時にiFOREXならではのシンプルな「0か100か」の取引は息抜きになると思います。

もちろん「他のブローカーで負けた分を取り返すために一発iFOREXで勝負してみる!」というのも全然アリ。

実際に2chなどでは「XMで○○万円溶けたから一発アイフォいってきます」みたいなナゾの宣言をしてるトレーダーもいるくらいです。

iFOREXで取引するなら「FX取引は小難しい」という考えは拭い捨てて、ギャンブル感覚程度に気楽に捉えるのがちょうど良いと思います。

iFOREXで一攫千金を狙う

 

iFOREXの詳細情報

会社情報

会社正式名称  iFOREX
本社住所 15 Nikis st., Syntagma Square,10557 Athens, Greece
ライセンス CySEC/BVI/Hungary
事業開始 1996年
資本金 14,922,898 USD
従業員数 330名(2012年末日時点)

 

取引口座スペック詳細

最大レバレッジ  400倍
ロスカット水準 証拠金維持率0%
マージンコール 証拠金維持率0.25%以下
最小取引枚数 1,000通貨(0.01lot)
最大取引枚数 5,000,000通貨(500lot)
スプレッド ドル円1.8pips、ユーロドル1.8pips
取引手数料 なし
両建て 可能

 

入金方法

入金方法 手数料 着金スピード
クレジットカード(Visa,MasterCard,JCB) 無料 即座
海外送金 6500円~ 3~5営業日

 

出金方法

入金方法 手数料 着金スピード
クレジットカード(Visa,MasterCard,JCB) 無料 即座
海外送金 2000円~ 3~5営業日

(※1)クレジットカードの出金は入金額まで
(※2)10万円以上の出金なら月3回まで海外送金の手数料無料。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です