XM(XMTrading)の評判!海外FXでゴリ押しされているのは正当?不当?

xm-review10

管理人が国内FX引退を決意して海外FXブローカーを漁っていたころ、1番目にする機会が多かったのがXM(エックスエム)でした。

今やXMはどこの海外FX比較サイト・情報サイトでも「ゴリ押し」と言わんばかりに軒並み人気No.1として紹介されていますからね。

「それだけ言うのならXMお手並み拝見してみようじゃないか」

物事を斜め上から見るタイプの管理人ことオタク三郎は、実際にXMについて洗いざらい調査して実際に取引してみることに。

 

結論からいうとXMはゴリ押しされるに値する器を備えているブローカーでした。

たしかに「スプレッドが広め」などデメリットもありましたが、それを補って余りあるメリットを持ち合わせています。

その中でも管理人が特に気に入っている特徴は次の3つ。

 

XMのここが気に入った!
  • 揺るがない安定・高速約定
  • 総額50万円もらえる豪華なボーナス
  • 最大レバレッジ888倍追証なし

特に1日数回しか取引しないようなデイトレードとの相性は抜群です。

今となっては管理人も意気揚々とデイトレード用のメインとしてXMのスタンダード口座で継続的に取引しています。

XMの口座開設はこちら

 

ただここで終わってしまったら「オタク三郎も結局XMをゴリ押ししてるだけじゃん…」と思われてしかたありません。

ということで「なぜXMがゴリ押しされるくらい人気なのか」についてレビューを交えながら徹底的に検証していきたいと思います。

 

Contents

【口座タイプ別】XMの取引条件8項目から人気の理由を検証

まずはXMの口座スペックをみながらXM人気の理由に迫っていきたいと思います。

XMで開設できる口座のタイプは3種類。

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • ZERO口座
3種類の口座スペックを先にチェックする

取引スタイルによってXMでチェックすべき口座は変わります。

■1日に1,2回程度取引するデイトレーダー

スタンダード口座orマイクロ口座をチェックすべし

■短期売買メインのスキャルピングトレーダー

ZERO口座をチェックすべし

マイクロ口座・スタンダード口座ZERO口座(ECN)
XMのスタンダード口座・マイクロ口座がおすすめの人

デイトレーダー(スイングトレーダー)に超おすすめ!

  • 海外FX随一の太っ腹な入金ボーナス
  • 安定した高速約定
  • 最大レバレッジ888倍
  • 証拠金維持率が20%以下にならないとロスカットされない
  • 追証なしゼロカットで入金額以上負けない

XMでの取引の鉄板は「スタンダード口座(マイクロ口座)でデイトレード」。1回で20pips以上の利幅を狙う取引との相性は抜群です。

入金額が2倍になるボーナスと最大888倍のレバレッジでガッツリ大きなポジションでエントリーして、あとはチャートの動向を見守って目標の利幅に届いた時に決済するだけ。

持ち前の安定かつスピーディーな約定力で、平常の取引(※)なら決済ボタンをクリックするのとほぼ同時に約定してくれます。

※平常の取引とは経済指標発表のような為替市場に大きな影響を及ぼす出来事が起こってない時の取引のこと。

 

ちなみにマイクロ口座とスタンダード口座の間には「エントリーできるポジションの大きさ」しか違いはありません。

1000通貨未満でエントリーすることがある人だけはマイクロ口座開設を考えてみてください。

それ以外の方は最大500万通貨のポジションでエントリーできる汎用性の高いスタンダード口座で問題ないでしょう。

XMの口座開設はこちら

※口座タイプの選択に戻る※

XMのZERO口座がおすすめの人
  • EAスキャルピング
  • ECN口座をタダで試す

なら検討してみる価値あり

前提としてスプレッド(取引コスト)だけなら、他ブローカーの低スプレッド口座に劣っています。

それでもXMのZERO口座に利用価値が全くないわけではありません。

  • 無料(有料でも割安)でVPSサーバーが使える
  • ECNタイプの口座で唯一未入金ボーナスに対応している

他ブローカーの低スプレッド口座でEAスキャしようと思ったら外部のサーバー業者とVPSを契約する必要があります。

VPSまで自社完結しているのはXMならではのメリットです。

 

またデモ口座が利用できないECN口座にとってタダで3000円分取引できるというのも嬉しいポイント。
「ECN取引ってどんな感じ?」くらいの人ならXMのZERO口座で試してみるのもいいでしょう。

XMのZERO口座開設はこちら

 

※XMのZERO口座についてもっと詳しく知りたい人は下記のページを参考にしてください。
ZERO口座に絞って徹底的にレビューしています。

XMのZERO(ゼロ口座)の評判!スキャルピングするのはアリ?ナシ?

 

※口座タイプの選択に戻る※

全8項目を検証した結果、XMには幅広い取引スタイルのトレーダーを惹きつける魅力があるということがわかりました。

 

①約定力は海外FX随一の強靭さを誇る

マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
約定力   オーダー執行率100% 99.35%の注文が1秒以内に約定 
注文方式  STP/NDD  ECN/NDD

XM1番の強みはスピーディーかつ安定した約定力です。

リクオートなしのオーダー執行率100%に加えて、注文のほとんどが1秒以内に処理されることが公式HPに明言されています。

実際に取引してみても、平常の取引で「これはエグい」と思ってしまうようなスリッページを食らったことはほとんどありません。

もちろんアメリカの経済指標が発表された週明けのタイミングなんかでは思い通りに約定されないこともありましたが、他のブローカーよりもスリップの大きさは小さい印象です。

 

試しにXMリアル口座の約定力を体感してみるといいかも

「この約定力ホント?」という方は試しにXMのリアル口座を開設して自分の肌で感じてみるのがいいと思うぞ。

詳しくは後で説明しているが、XMは口座開設するだけで3000円のボーナスがもらえるのに加えてマイクロ口座なら最低10通貨から取引できるようになってる。

3000円の証拠金で10通貨エントリーすればドル円(100ドル/円)なら合計240pips負けるまで取引できるから、XMの約定力を体感するには十分だな。

マイクロ口座でXMの約定力を体感してみる

 

②ボーナス・キャンペーンでの顧客還元がスゴい

マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
入金ボーナス 対応 対応 非対応
3000円口座開設ボーナス 対応 対応 対応
XMPロイヤルティプログラム 対応 対応 非対応

XMのボーナスキャンペーンは他を圧倒する豪華さを誇ります。

  • 総額50万円まで継続してもらえる入金ボーナス
  • 口座を開設するだけでもらえる3000円未入金ボーナス
  • ボーナスに交換できるポイントサービス(ロイヤルティプログラム)

ただしZERO口座は入金ボーナス・ロイヤルティプログラムに対応していません。自分が用意できる資金だけでの勝負になります。

とはいえボーナスにも対応しているECNタイプの海外FX口座はほとんどないので、ボーナス非対応だからといってそれほど足を引っ張るデメリットというわけでもないでしょう。

XMのボーナスについては下記のページで超詳しく開設しています。

【2018年最新】XM(XMTrading)ボーナスに関する全知識!仕組みや消滅回避術も解説

③最大レバレッジ888倍で追証なしゼロカット

マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
最大レバレッジ  888倍  888倍  500倍
ロスカット水準  証拠金維持率20%以下
追証 なし/ゼロカット

マイクロ、スタンダード口座の888倍は海外FXの中でも頭一つ抜けたハイレバレッジです。

他の海外FXブローカーと比べてもより少ない証拠金しかなくても大きなポジションでエントリーできます。

業者名 1万通貨の必要証拠金
(ドル円100円)
XM(888倍) 約1,127円
LANDFX(500倍) 2,000円
Axiory(400倍) 2,500円
国内業者国内業者
(25倍)
40,000円

最大レバレッジ25倍の国内業者では4万円の資金を用意しないとポジれなかった10万通貨が、たった1,127円でポジれるというだけでも資金効率の良さがわかるでしょう。

 

もちろん高いレバレッジでエントリーすればするほど、強制ロスカットのリスクは高まります。
ポジションが大きくなればなるほど、ノイズ・逆行で大きく証拠金維持率が狩られてしまいますからね。

ただ一発でできるだけ大きな利益を狙うトレーダーにとって、レバレッジサイズは大きいにこしたことはありません。

大きくポジションを持てば持つほど、同じ利幅を抜いた時の利益が大きくなります。

 

またZERO口座でも最大500倍のレバレッジでエントリーできるので、EAスキャルピングするなら十分すぎる倍率です。

 

ロスカット水準が低いからノイズで強制決済されにくい

XMはのロスカット水準は20%

 

XMは全口座共通でロスカット水準20%なのでと緩めの設定です。

フルレバでエントリーしたとしても数pips程度の為替変動でも強制ロスカットで狩られにくいので、余裕をもってポジション保持できます。

 

追証なしゼロカットシステムは実証済み

海外FXではスタンダードだといっても過言ではない追証なしのゼロカットシステム。
もちろんXMでも口座残高のマイナス分はチャラにしてもらえます。

どれだけ負けても入金した金額までだという安心感があるので、積極的に大きなポジションをもってエントリーしやすい取引環境です。

(関連:追証なしゼロカットは海外FXだけ!借金地獄に近いのは国内FXだった?!

 

しかもXMのゼロカットは名ばかりではありません。

1分間で1000pips以上のレートが動いたスイスフランショックの際には、口座残高が大幅にマイナスになって青ざめた顔していたトレーダーをちゃんと救ってくれました。

XMスイスフランショック時の対応

(参考:XM企業ニュース「重要なお知らせーCHFに関する更新」

 

ハイレバ×追証なしのXMで取引する

 

④初回最低入金額が安くてとっつきやすい

マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
初回最低入金額 500円 500円 1万円

マイクロ口座・スタンダード口座は500円からの入金で取引をはじめられます。

もちろん「500円の証拠金でなにができるんだ!」って話ですが、1000円でも2000円でも5000円でもいいので自分の身の丈にあった入金でOKです。

 

またZERO口座は最低1万円~とやや高めの最低入金額ですが、他ブローカーの低スプレッド口座と比べると敷居が低くなってます

海外FX低スプレッド口座の初回最低入金額一覧

 

⑤10通貨~取引できる数少ない海外FXブローカー

マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
最大取引枚数 10万通貨 500万通貨 500万通貨
最小取引枚数 10通貨 1,000通貨  10,000通貨

特筆すべきはマイクロ口座の最小取引枚数

マイクロ口座なら10通貨から取引できるので、海外FX、もっというとFX取引初めての人にはうってつけです。

 

負けても痛くも痒くもないような小さいポジションで取引できるので慣れるまでとことんリアル口座の取引を試すことができます。

 

XMは海外FXの肩慣らしに最適!

「3000円の未入金ボーナスがスグに溶けちゃった…」という人はマイクロ口座で”ほぼ”ノーリスク取引してみるといいぞ!

XMはとことん海外FX初心者思いだなー。

⑥通貨ペア・CFD銘柄・貴金属の品揃えが多い

マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
通貨ペア 57種類 57種類 56種類
CFD銘柄 42銘柄 42銘柄 なし
貴金属 4種類 4種類 2種類

XMではロシアルーブルや南アフリカランドなどのマイナー通貨含め、総勢57種類のFX通貨ペアが用意されています。

加えて通貨ペア以外の品揃えも豊富です。

貴金属の取引ができるのはもちろん、日経225などのインデックス株原油・天然ガスなどの資源CFDなど他のFXブローカーではお目にかかれない商品まで多数取り揃えられています。

主要通貨ペアの取引に飽きた→値動きが激しいエキゾチック通貨ペアで取引

通貨ペアの取引にも飽きた→原油やインデックスのCFD取引

というように、取引対象の選択肢が多いからこそXMで継続的に取引しているトレーダーが多いのでしょう。

 

また2017年9月から、ビットコイン(BTC/USD)の取引にも対応しました。

ビットコインの取引条件
  • 0.1lot(0.1BTC)から取引OK
  • 最大レバレッジ3倍
  • スプレッドは0.1lotあたり1ドル

ビットコインの特徴は何といっても値動きの激しさ・ボラティリティの高さ。

管理人は2017年7月からレバレッジをかけずにビットコイン60万円分買って保有していますがが、4ヶ月弱で価格が3倍以上の195万円にまで跳ねあがっています。

 

ちなみにCFD商品もFX通貨ペアとまとめて1つの口座で取引OK

CFD取引の最大レバレッジは200倍なので、日本の証券会社を通じて現物・先物取引するよりも資金効率は抜群です。

 

マイクロ口座・スタンダード口座で取引できる商品

 

ZERO口座ではCFD銘柄は取引できないので、通貨ペア・貴金属の取引だけになります。

ZERO口座で取引できる商品

 

⑦取引プラットホームがMT4・MT5対応でEA(自動売買)とも相性抜群

XMはMT4に対応!

XMは取引プラットホームMT4(Meta Trader 4)、MT5(Meta Trader 5)に対応。

操作性抜群なのはもちろん、ブラウザ版やアプリ版にも対応しているので自宅PCにインストールしなくても取引できます。

MT4とMT5の性能はほとんど同じですが、上述したビットコインでの取引を考えているならMT5プラットフォームを選んでください。(※MT4はビットコイン非対応)

XMのMT4(MT5)が使える環境
  • Windows
  • Mac
  • Android
  • iPhone
  • iPad

 

無料でVPSが使える!MT4でEAを回すのもよし

MT4が使えるということでXMではEAを使った自動売買もOK。

利用規約でもEA取引は一切制限されていません

条件を満たせば無料でVPSサーバーが使えるのも嬉しいポイントです。

無料VPSの利用条件
  • 毎月5lot(50万通貨)以上の往復取引
  • 口座に500ドル相当(約50万円)以上の残高がアリ

VPSはMT4でEAを回すなら必須級のアイテムと言っても過言ではありません。

自宅PCとは別の仮想レンタルサーバーでMT4・EAを起動させつづけることができるので、PCの消耗や月々の電気代を抑えることができます。

 

また条件を満たせなくても毎月3000円ほど払えばVPS利用OK。(※VPS代は取引口座からの引き落とし)

ちなみにXMで使えるVPSはFX専門のサーバー業者Beeksが提供するハイスペックサーバです。

 

【VPSサーバーのスペック】

RAM:1.5 GB

ハードドライブ容量:20 GB

 

Beeks社と直接契約すれば毎月5000円弱かかるので、毎月2000円以上お得になります。

XMのZERO口座でEA取引してみる

 

⑧スプレッドは狭くないが、そこまでネックにならない

※変動スプレッドなので、スプレッドの平均値についてレビューしています。

通貨ペア マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
ドル円 2.0pips 1.1pips(0.1pips)
ユーロ円 2.7pips 1.6pips(0.6pips)
ポンド円 4.0pips 2.1pips(1.1pips)
豪ドル円 4.7pips 2.0pips(1.0pips)
ユーロドル 1.8pips 1.1pips(0.1pips)
ポンドドル 2.6pips 1.6pips(0.6pips)
豪ドル米ドル 2.2pips 1.4pips(0.4pips)

※ZERO口座は取引毎に手数料(1.0pips)が発生するので「平均スプレッド+手数料」の数値を載せています。(カッコ内がスプレッドだけの数値)
※マイクロ口座とスタンダード口座のスプレッドは同じです。

 

マイクロ口座・スタンダード口座のスプレッドはデイトレなら許容範囲

もちろん「マイクロ・スタンダード口座でスキャルピングする」みたいな暴挙に出れば取引コストで損することになります。

しかし上でも説明したように両口座ともデイトレードで抜群の力を発揮する口座タイプ。

1日数回程度しか取引しないなら、スプレッドにこだわる必要はありません。

 

 

例えばドル円(100ドル/円)で10万通貨の取引をした場合、スプレッドランキング1位のTitanFXと比べて取引1回あたり900円損するくらいです。(※平均スプレッドの差0.9pips)

もっというと「TitanFXで2回エントリーして合計20pips抜く(コスト2.4pips)」よりも「XMで取引1回で20pips抜く(コスト2.0pips)」の方が取引コストが安くつきます

これだけの違いなら「スプレッドには目をつぶれる」という方もい多いんじゃないでしょうか。

スプレッドを許容してXMでデイトレする!

(関連:「XMのスプレッド=広い」は間違った固定観念?!平均値とリアルタイム値で比較検証!

 

ZERO口座はスプレッドランキング第3位

ZERO口座のスプレッドは海外FX23口座の中で第3位

取引毎に発生する1.0pipsの手数料を加味しても、海外FXの中で3番目に取引コストを安く抑えることができます。

 

ただXMよりも取引コストが安い口座があるのは事実なので、低スプレッドを第一優先に考えるなら他の海外FXブローカーを検討してみたほうがいいでしょう。
海外FXスプレッドランキング完全版!比較・調査したのは総勢23口座!

 

 

自動売買するならZERO口座がおすすめ

自動売買といえばスキャルピング用のEAが主流になっている。

さっきも言ったけどXMはVPSが無料・格安で使えるから、EAスキャするならZERO口座が1番いいんじゃないかな。

EAスキャ用にZERO口座を開設する

(関連:「XMのスプレッド=広い」は間違った固定観念?!平均値とリアルタイム値で比較検証!

 

取引条件だけじゃない?!XMが日本人トレーダー御用達な理由は他にもある

口座タイプ毎の取引条件で人気の理由を探ってきましたが、XMが日本人トレーダーに人気の理由はまだ語り尽くせていません。

日本語サポート出入金周りのサービスを整備しているのはもちろん、FXセミナーを定期的に開催したり、トレーダーが腕試しできるFXトーナメントを開催するなど、トレーダーの心を掴むための施策も見受けられます。

オフショア法人に移管してからライセンスは少し弱くなりましたが、全額信託保全が用意されているので安全性・信頼性についてもそこまで不安要素はありません。

 

「海外業者感」を感じさせない日本語サポート

問い合わせ方法 問い合わせ先 受付時間
ライブチャット 公式HP 平日9時~21時(日本時間)
メール

japanese.support@xm.com
(コールバック申請もOK)

24時間(24時間以内に返信)

※電話((+357)2502-9900)での問い合わせは英語のみ対応

XMのサポートデスクに勤めている日本人スタッフは総勢11名

丁寧な日本語で対応してくれるので、日本の証券会社のサポートデスクに問い合わせるのと同じ感覚です。

日本語の電話に対応していないのは少し残念な気もしますが、ライブチャットを利用すればすぐにサポートとやり取りできます。

 

XMの日本語サポートは盤石

これだけサポートが充実していれば、一度XMを利用したら離れられなくなる気持ちもわかるなー。

便利でスピーディーな出入金!ビットコイン・mybitwalletにも対応

いくら取引条件・口座のスペックが良くても、入金や出金に手間・お金がかかってしまうようならテンションはだだ下がりですよね。

出入金が便利でスピーディにこなせることも、XM人気に寄与しています。

 

また2017年3月にビットコイン、同年10月にmybitwalletでの出入金に対応するなど、サービス強化に力を入れているのもポイントです。

ビットコイン出入金についてチェック!
mybitwallet出入金についてチェック

 

 

入金は国内銀行送金に対応!手数料完全無料

入金方法 手数料 着金スピード
クレジットカード
(Visa, MasterCard)
無料 即座
国内銀行送金※1
(三井住友銀行)
5万円未満/1,000円
5万円以上/無料
約30分~1時間
ビットコイン 無料 1時間以内
mybitwallet 無料 即座

スピーディーかつ手数料無料のクレジットカード入金に対応しているのはもちろん、XMは国内銀行送金にも対応しています。

クレジットカードを使わずとも指定口座(三井住友銀行)に振り込めば入金できるので、XMで入金がネックになる人はほとんどいないでしょう。

手数料は数百円の振込手数料だけなので、クレジットカード入金と比べてとりわけ高くつくわけでもありません。

銀行に振り込んでから1時間以内には口座に入金額が反映されます。

(関連:XM(XMtrading)4つの入金方法を6つの項目で徹底比較【おすすめの入金方法がわかる】

XMの口座開設はこちら

 

出金対応が早い!手数料も安くつく

出金方法 手数料 着金スピード
クレジットカード(Visa, MasterCard) 無料 即座
ビットコイン 無料 24時間以内
海外銀行送金 無料 2~5営業日
mybitwallet 無料 即座

XM自体は海外銀行送金の出金手数料を徴収していません。

ピンはねされるのは、

  • 国内銀行での受取手数料(2500円程度)
  • 中継銀行からのリフティングチャージ(2000円程度)

の2つだけなので「海外送金手数料あり」のブローカーよりもお得に出金できます。

Netellerなどの電子決済が使えなくなった今、海外FX口座からの出金は海外銀行送金がメインなので手数料割安・送金手続きが早いのは嬉しいポイントです。

またmybitwalletを通して出金すれば、手数料格安※で出金することができます。

※かかるのはmybitwalletからの出金手数料824円だけ。

 

XMカードは利用停止中

XMには昔出金に使える「XMカード」というプリペードカードがあった。

セブンイレブンのATMで使えてスグにFX口座からお金を引き出せる便利なカードだったが、現在は取扱を停止している。

FXトレーダー腕試しの場を用意

XMにはFXコンテストがある

XMに口座を持っていれば様々なコンテストに参加できます。

  • 週1回のFX取引コンテスト
  • 発表される経済指標の数字当てコンテスト

入賞すれば最大で5000ドルの賞金がもらえるので、FX取引の腕に自信がある方は奮って参加してみてください。

 

ちなみに過去には月1回のコンテストを一旦中止して、1年間かけて賞金総額100万ドルのFXワールドチャンピオンシップを開催していました。

FXワールドチャンピオンシップの概要
  • XMで口座開設すれば参加OK(参加費タダ)
  • 証拠金1万ドル(仮想通貨)をどれだけ増やすかで勝負
  • 予選ラウンドは月1回開催中!途中からでも参加OK
    (※予選最終ラウンドは2017年3月1日~4月5日)
予選ラウンドの賞金について

2017年10月現在ではまだ大きなコンテストの予定はありませんが、公示され次第追記したいと思います。

 

XMの口座開設はこちら

 

トレーダーの意欲次第ではFX取引のスキルアップできる環境

XMは初心者~中級者トレーダーのスキルアップ支援にも余念がありません。

  • 情報リソースが多い
  • 定期的にWEB上でFXセミナーを開催

経済指標カレンダーを用意しているのはもちろん、公式HPではマーケット分析について解説している動画を見ることができます。

XMのデイリーマーケット分析ビデオ(※この画像をクリックしても再生できません。)

またXMは毎週火曜日と水曜日の21時からインターネット上で「FXウェビナー」なるFXセミナーを開催しています。

FX取引の勝率を上げるためのエッセンスがつなったセミナーなので、一度どんなものか見てみるのもいいでしょう。

「レバレッジとは」みたいな基本的なものからチャート分析まで、幅広い内容がカバーされています。

(※口座を開設しなくても登録すればウェビナー参加OKです。)

過去開催されたウェビナー一覧

全額信託保全あり!安全性も及第点

XMは全額信託保全あり

正直いうとXMの「見た目の」信頼性は最近になって少し揺らいでいると言わざるを得ません。

原因はキプロス法人からセーシェル法人への移管です。

2016年中頃くらいから日本人向けにブローカー業務を展開しているのはオフショアなセーシェル法人に移ることになりました。

法人移管に伴って登録していたライセンスの数は激減。
取得難易度S級のイギリスFCA含む12のライセンスに登録していましたが、現在はどこにあるかもわからないようなセーシェルのライセンス1つにしか登録していません。

それでも依然としてXMを継続利用しているトレーダーが多いのは、今まで目立ったトラブルなく運営されている実績で信頼を勝ち取ってきたからでしょう。
XMが日本人トレーダー向けにサービスを始めたのは2009年からです。

 

またセーシェル法人に移管したことは悪いことだらけではありません。

セーシェル法人に変わってから信託保全が最大200ユーロ(約260万円)から上限なしの補償に変わりました。

もちろん海外FX口座に200万円を超える大金を預けておくのはレアケースだと思いますが、入金した資金は取引で負けない限り絶対に返ってきます

 

XMは「無登録業者」って聞いたけど…

「XMは無登録業者だから危ない」

海外FXについていろいろ調べたことがある方なら、耳にしたことがあるかもしれない。

ただ海外FXブローカーであるXMが日本の金融庁に無登録なのは当たり前のこと。
金融庁に認められるためには、まずレバレッジを25倍に引き下げないといけないしな。

そもそも国内業者と同じレバレッジの海外業者なんて、誰も魅力を感じないだろう。

一応外国のライセンスに登録しているから本当の意味で無登録業者ではない

詐欺まがいの出金拒否・口座凍結は聞いたことがない

管理人が知る限り、XMで今まで悪質な出金拒否や口座凍結があったという事実はありません。

たまにネットの掲示板で「XMから出金リクエストが承認されない…」みたいな書き込みはみたことがありますが、原因はトレーダーの勘違いだったパターンばかりです。

海外FX出金拒否の原因
  • 入金額以上の金額をクレジットカードに出金依頼した
  • 入金元と出金元の名義が違う
  • 口座開設した時の住所と送金先銀行口座の住所が違う

(関連:海外FXは詐欺のいわくつき?出金拒否・古阜座凍結トラブル真相に密着

XM側の「こいつ稼いでるから、利益を払い戻したくないな…」という悪質な出金拒否はありません

 

XMは海外FXブローカーの覇権を握る!ゴリ押しされているのも納得

XMは「実力がない若手芸人が事務所にゴリ押しされてテレビに出まくる」タイプのブローカーではありませんでした。

FX取引する上でのメリットが豊富だからこそ、各方面で「おすすめブローカー」として紹介されていたんですね。

ちなみに管理人自身も知人に「どこの海外FX業者がいいの?」と聞かれたとすると、間違いなく「XM」と答えます。

 

その中でもおすすめなのはデイトレーダー向けのスタンダード口座です。

「スプレッドが広いから…」と理由でXMを避けるのはかなりナンセンス。
デイトレードならスプレッドを気にしても仕方ありません。

それよりも

  • 揺るがない約定力
  • 100%入金ボーナス
  • 最大レバレッジ888倍で追証なし
  • 証拠金維持率が20%以下になるまでロスカットされない

など豊富なメリットの恩恵にあずかった方がいいに決まってます。

もちろん1000通貨以下の取引希望ならマイクロ口座を開設していただいてもかまいません。
その他の口座スペックはスタンダード口座と全く同じになります。

 

また「低スプレッド・低コスト競争」では少し出遅れているECNタイプのZERO口座も見どころがあるのはたしかです。

  • 無料・割安のハイスペックVPSを利用したEAスキャ
  • 3000円未入金ボーナスで海外FXのECN取引をタダで試す

 

全ての口座タイプが生きているのを見る限り、XMは今後しばらくは海外FXを牽引する存在として君臨し続けるでしょう。

XMの口座開設はこちら

 

XMの会社情報詳細

会社正式名称 Trading Point (Seychelles) Limited
本社住所 F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
ライセンス セーシェル金融庁(ライセンス番号:ライセンス番号SD010)
事業開始 2009年6月19日
資本金 360,000,000USD

2 件のコメント

    • コメントありがとうございます。
      当サイト管理人の海外FXオタク三郎と申します。

      お恥ずかしながら、必要証拠金の箇所に誤りがありました…
      指摘していただいた点はすでに修正して記事に反映させていただいております。

      今後もより一層正しい情報を発信することに精進します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です