is6comの評判は?ボーナスは豪華だが安全性にやや不安が残る…

is6comの評判は?豪華なボーナスで話題沸騰中の海外FX業者に迫る

今回は豪華なボーナスで脚光を浴びつつあるis6comという海外FX業者について、徹底レビューしました。

結論からいうと「is6comはマジでボーナス目当てで利用するなら…まあ使ってもいいんじゃない??」というのが、率直な意見です。

たしかに強烈なボーナスキャンペーンの他、

  • 最大レバレッジ1000倍で追証なし
  • 日本語サポートや日本人向けの出入金方法が充実

など、ハイレバを望む日本人トレーダーが喜びそうなスペックを有しているのは紛れもない事実。
今のところ悪質な出金拒否の報告もなされていません

しかし、一番ネックなのは全世界どこの金融ライセンスも取得していないこと。
今のところは優良業者として振舞っていますが、規制ナシでの運営になるので、今後もずっと安全に利用できるとは言い切れない部分があります。

他にもDD方式を採用していたり、顧客資金の管理方法が不明記だったりと、ブラックボックス的な要素があるのも残念です。

この記事ではis6comの光の側面だけでなく影の側面もしっかりお伝えしているので、最後まで読んで利用すべきか自己判断してください。

is6comの口座開設はこちら

 

is6comのボーナスキャンペーンは超絶豪華

is6com最大のストロングポイントは、ローテーションで実施されている豪華なボーナスキャンペーン。

常時開催している5,000円の口座開設未入金ボーナスの他、期間限定で最大200%の入金ボーナスキャンペーンを実施しています。

ボーナス対応の口座タイプに注意

ボーナスは「スタンダード口座」が対象になることが多い。

是が非でもボーナスを受け取りたい人は、スタンダード口座を開設しておこう。

 

常時開催の5,000円口座開設未入金ボーナス

口座を開設するだけで、取引に利用できる5,000円の証拠金が受け取れます。
自分の持ち出しはないので、口座開設ボーナスを活用した取引は完全にリスクゼロ。

  • 海外FXのハイレバトレード未経験の人
  • is6comでの取引をお試ししたい人

どちらの方も、まずは5,000円分だけ未入金で取引する分には何も問題ありません。

またボーナス自体の出金はNGですが、取引で生じた利益は上限なしで出金OK
ボーナス5000円分を元手にどれだけ資金を増やせるか試してみてもいいでしょう。

 

【1/16までの期間限定】抽選で最大200%の入金ボーナスをプレゼント

現在のis6com期間限定ボーナスは最大で入金額の200%の証拠金ボーナス。
抽選で最大で証拠金が2倍に増えるボーナスチケットを受け取れます。

5万円入金した場合のボーナスの付与例は以下の通り。

  • 200%入金ボーナス
    →ボーナス10万円、合計15万円の証拠金で取引できる
  • 100%入金ボーナス
    →ボーナス5万円、合計10万円の証拠金で取引できる
  • 50%入金ボーナス
    →ボーナス2.5万円、合計7.5万円の証拠金で取引できる

自己資金に不安がある人は口座開設後にボーナス抽選を待ってから入金するのがおすすめです。

入金ボーナスには有効期限がある

入金ボーナスの有効期限はボーナス受け取りから1ヵ月

期限満了でボーナスは消滅するので、チケットをボーナスに換金してから1ヵ月間が勝負だ!

is6comでボーナスを受け取る!

ボーナスだけじゃない?is6comが優れている4つの点

最大レバレッジ1000倍で追証なし

is6comの口座レバレッジは最大で1000倍。
平均レバレッジが400倍~500倍の海外FXにおいて、is6comの資金効率は頭一つ抜けています。

上述した入金ボーナスとかけ合わせれば、エントリー可能な最大ポジション量は文字通り国内FXと段違いです。

【取引資金5万円の場合】

200%入金ボーナスチケットの抽選に当たったとすると…

  • 入金額5万円
  • 口座開設ボーナス5,000円
  • 入金ボーナス10万円

合計15万5,000円の証拠金で取引できる。

この時、エントリー可能な最大ポジション量は15万5,000円×1000倍で約1億5,500万円

最大レバレッジ25倍の国内業者と比べると、建てられるポジション量は約124倍になる。
同じ利幅を抜いた時の利益も124倍になる)

 

またis6comは追証なしのゼロカットシステムを採用しているので、絶対に入金額以上の損失が発生しません

万が一マイナス残高が発生しても、トレーダーに追証の支払い義務はナシ。
入金額をコントロールすれば、ハイレバ取引でもリスクを抑えられます。

(参考:追証なしゼロカットは海外FXだけ!借金地獄に近いのは国内FXだった?!

 

強制ロスカットは証拠金維持率50%以下

is6comは証拠金維持率が50%に達するまで強制ロスカットが執行されません。

エントリー時のスプレッドを加味してもフルレバ1000倍でエントリー可能なので、取引の幅が広がります。

is6comの「レバレッジ1000倍」は見せかけではない

最大レバレッジが高くても「証拠金維持率100%でロスカット」の業者ではフルレバエントリーできないので、取引の自由度が下がる。

フルレバだとエントリー時にスプレッドが差し引かれた瞬間に証拠金維持率が100%を下回ってロスカットされてしまうからだ。
(このような状態のことを管理人は「見せかけのハイレバレッジ」と呼んでいる。)

ロスカット水準が証拠金維持率50%のis6comだからこそ「フルレバエントリー」が取引の選択肢に入ってくるぞ!

 

日本人向けのサポート体制が盤石

is6comは国内業者と何ら遜色ないほど日本語に対応しています。

公式HPは全てキレイな日本語表記なので、情報収集や口座開設・出金や入金の手続きまで英語が必要になる局面はありません

またis6comには日本人専用のサポートデスクも完備されています。
日本人スタッフが平日24時間体制で待機しているので、口座開設前後で不明点があった際の心強さも半端ないです。

【is6comに問い合わせ可能な方法】

※LINEのみ「平日10時~17時」に問い合わせ可能、フォームやメールは24時間体制。

 

入金方法・出金方法が多彩で日本人でも使いやすい

is6comで利用できる出入金方法は以下の3つ。

  • クレジットカード
    (入金のみ
  • 銀行送金
    (入金時は国内銀行送金、出金時は海外銀行送金)
  • bitwallet

※is6comはクレジットカードへの出金に対応していないので、bitwalletもしくは海外銀行送金での出金になります。

特にis6comが優れているのが、bitwalletに対応している点です。

bitwalletとは

完全日本語対応で口座開設費や年会費無料のオウンラインウォレット

「bitwallet⇔is6comの口座」の送金が即座に反映されるので、迅速にis6comとの間で資金移動できます。

またbitwallet経由での出金なら、国内口座に着金するまでの時間は最短で1営業日
海外送金で出金する場合と比べて国内口座着金までの手数料も2,000円~3,000円安くなるので、is6comを利用するならぜひ所持しておきたいツールです。

(参考:【bitwallet(ビットウォレット)の評判】海外FXの出金・入金に与えた4つのインパクトとは

bitwalletアカウントがあれば、出入金関係で困ることはありません。

クレジットカード入金や銀行送金については、下記のページで詳しく解説しているので参考にしてください。

海外FXの入金方法・出金方法マニュアル完全版~Neteller撤退を経て~

出金手数料は月1回までなら全出金方法で無料

is6comでは月1回までの出金なら手数料を徴収されません

銀行送金で出金しようがbitwalletで出金しようが、手数料はタダです。

管理人の経験上月に2回も3回もFX海外口座から出金することはないので、十分なサービスだといえます。

 

MT4プラットフォームを利用できる

is6comは世界水準の取引プラットフォームであるMT4に対応しています。

MT4は高性能のチャート機能やEAを用いた自動売買に対応しているので、世界中のプロトレーダーがこぞって利用しています。

またWindows版だけではなくiOSやAndroid版のアプリにも対応しているので、場所を選ばずスマホやタブレットでの操作も可能。
is6comはまだ新しいブローカーですが、インフラ面もしっかり充実しています。

is6comの口座開設はこちら

 

is6comの弱み5つ。管理人がメイン口座にしてない理由とは?

全世界どこの金融ライセンスにも登録していない

is6comは日本の金融庁はもちろん、どこの国の金融ライセンスにも登録していない完全無登録業者

第三者機関の規制は受けずに、自社ルールや経営陣の良心に従って運営されています。

冒頭でも述べたように今のところ悪質な出金拒否などのトラブルはありませんが、規制・監視がなされてない以上今後の安全性は約束されていません
めちゃくちゃ悪い言い方をすると、明日急に営業停止して顧客資金を持ち逃げすることだって考えられます。

is6comを利用するなら、最悪のケースを想定して最小限のリアルマネー入金に抑えて、ボーナス分メインで取引した方が無難です。

 

顧客資金の管理方法が不透明

is6comの公式HPにある顧客資金の管理に関する記述は以下の通り。

お客様の運営資金は、世界各国の大手銀行で厳重に保管されています。
万一の際にも口座に預けた資金がなくなるようなことはありません。

具体的な預け先が明記されてないのに加え、倒産した場合の資金補償に関する記述がないので若干の不安が残ります。

「資金がなくなるようなことはない」と明言しているのなら、根拠もしっかり明示してほしいところですよね…。

繰り返しになりますが、is6comにいきなり何十万円も資金を入金するのは避けておいた方が賢明です。

 

透明性が低いDD方式でトレーダーの注文を処理している

is6comは公式HPで「NDD方式採用」と明言しているが、内部ではDD方式で注文を処理している可能性が高いです。
(理由は後述しています。)

【NDD方式とDD方式の違い】

■DD方式

FX業者内のディーラーがトレーダーの注文を一旦決済する注文処理方式のこと。相対取引、OTC取引とも呼ばれている。

決済の後ディーラーの裁量で『この注文は通す』『この注文は通さない』を判断している。
トレーダーが負けそうな注文は通さないので、トレーダーと業者の利益は一部相反することになる。

■NDD方式

DD方式とは異なり、トレーダーの注文はディーラーの決済を介さずにインターバンクに流れる。

トレーダーの勝ち負けは業者に関係ないので、トレーダーと業者が利益相反することはない。

非常に透明性が高い注文処理方法だ。

(参考:NDD方式の海外FXは勝ちやすい?国内FXで勝てないのはOTC(DD)方式のせい?!

DD方式ではトレーダーが勝つと業者が負ける仕組みなので、レートずらしやストップ狩りなどあの手この手で顧客を負けさせようとしてくる恐れがあります。

トレーダーからすると取引で負けるたびに「もしかすると業者の意図?」と勘ぐる余地があるので、精神衛生上よくありません。

取引の透明性という点で、is6comは他の海外FX業者に劣ります。

 

is6comがDD方式を採用していると考えられる理由

以下管理人が「is6comがDD業者」だと主張する理由を3つ紹介しているので、気になる人はチェックしてみてください。

①LP(リクイデティプロバイダー)を公開していない
②ストップ狩りや不利約定の報告がある
③10ロット以上のエントリーに事前申告が必要

 

スプレッド水準は並

is6comには低スプレッドで取引できる口座が用意されていません。

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座

上記2種類の口座タイプが用意されていますが、どちらもスプレッド水準は並です。

マイクロ口座 スタンダード口座
取引手数料 なし なし
USD/JPY 2.0pips
(平均値)
1.6pips
(平均値)
EUR/JPY 2.9pips
(平均値)
2.3pips
(平均値)
GBP/JPY 3.9pips
(平均値)
3.1pips
(平均値)
AUD/JPY 3.7pips
(平均値)
2.9pips
(平均値)
EUR/USD 1.9pips
(平均値)
1.5pips
(平均値)
GBP/USD 3.1pips
(平均値)
2.4pips
(平均値)
AUD/USD 2.5pips
(平均値)
2.0pips
(平均値)

is6comはスキャルピング取引を認めていますが、お世辞にもスキャルピングに向いているとは言えません

トレードスタイルはエントリ回数がかさまないデイトレードかスイングトレードを採用するようにしましょう。

低スプレッドのプロ口座は現在利用できない

以前まではドル円スプレッド平均0.8pipsのプロ口座が開設できたが、現在は新規口座開設を停止している。

口座開設フォームでも「マイクロ口座」か「スタンダード口座」しか選択できない仕様になっている。

 

取引可能な商品は通貨ペア33種類のみ。商品CFDや株価指数は取引不可

is6comで取引できるのは以下の33種類の通貨ペアのみ。

AUD / CAD AUD / CHF AUD / JPY AUD / NZD AUD / USD

CAD / JPY CHF / JPY

EUR / AUD EUR / CAD EUR / CHF EUR / GBP EUR / JPY
EUR / NZD EUR / USD EUR / ZAR

GBP / AUD GBP / CAD GBP / CHF GBP / JPY GBP / NZD
GBP / USD

NZD / JPY NZD / USD

USD / CAD USD / CHF USD / CNH USD / HKD USD / JPY
USD / MXN USD / SGD USD / TRY USD / ZAR

ZAR / JPY

原油や天然ガスなどのCFD商品や日経225などのインデックスは取引できません

組めるポートフォリオの幅が狭くなるので、取引の自由度は下がります。

 

以上がis6comでの口座開設を検討している人に知っておいてほしい全知識です。

たしかにボーナスが豪華で使いやすいブローカーではありますが、如何せん現状では安全性が低いのがボトルネック。

冒頭でも述べましたが、

  • 自己資金ではなく、ボーナスをメインで活用して取引する
  • 必要以上の資金は入金しない

というルールのもとで取引しておかないと、万が一があった時にトレーダーが壊滅的なダメージを受けることになります。
(管理人もボーナス分の取引を終えた後、口座をずっと放置しています。)

ただ口座開設するだけでもらえる5,000円未入金ボーナスがおいしいのは紛れもない事実。
たとえ詐欺業者だったとしても、タダで5,000円分取引する分には痛くも痒くもありません。

is6comが気になっている方は、まずは財布の口をしっかり締めて、未入金で試しに取引してみるのがいいでしょう。

is6comからタダで5,000円受け取る

 

is6comの会社情報・スペック詳細まとめ

is6comの会社情報詳細

正式名称 is6com.Co.,Ltd
本社住所 Second Floor, The Quadrant, Manglier Street Victoria, Mahe, Seychelles
創業 2016年12月12日
電話番号 +63 2 946 2454
資本金 $20,000,000
CEO Walter Sandoval
従業員数 18名

 

スタンダード口座スペック詳細

取引方式 DD方式の可能性が高い
口座通貨 JPY (円) , USD (ドル)
取引プラットフォーム MT4
最大レバレッジ 1000倍
初回最低入金額 100円
スプレッド ドル円平均1.6pips
取引手数料 なし
通貨ペア数 33種類
最小取引枚数 0.01lot(1000通貨)
最大取引枚数 30lot(300万通貨)
ロスカット水準 証拠金維持率50%以下
ボーナス 対応
EA・ミラートレード 可能
両建て 可能
スキャルピング 可能

 

マイクロ口座スペック詳細

取引方式 DD方式の可能性が高い
口座通貨 JPY (円) , USD (ドル)
取引プラットフォーム MT4
最大レバレッジ 1000倍
初回最低入金額 100円
スプレッド ドル円平均2.0pips
取引手数料 なし
通貨ペア数 33種類
最小取引枚数 0.05lot(50通貨)※
最大取引枚数 100lot(100万通貨)※
ロスカット水準 証拠金維持率50%以下
ボーナス 非対応
EA・ミラートレード 可能
両建て 可能
スキャルピング 可能

 

入金方法一覧

 入金方法 入金スピード 入金手数料
クレジットカード
(VISA、JCB、MASTERCARD)
即時 2万円以上/無料
2万円未満/1回1,500円
海外銀行送金 入金確認後即時
(3~5営業日)
無料※
BITWALLET 即時 無料

 

出金方法一覧

出金方法 出金スピード 出金手数料
海外銀行送金 3~5営業日 月1回まで無料※
(2回目以降は出金額の2%)
BITWALLET 3~5営業日 月1回まで無料
(2回目以降は出金額の2%)

is6comの無料口座開設はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です