海外FXの入金方法・出金方法マニュアル完全版~Neteller撤退を経て~

payment-withdrawal1

※2017年3月から海外FXブローカーがビットコインでの出入金に対応し始めました。
このページではビットコインを利用した入金・出金方法についても解説しています。

「海外FXは入金・出金が面倒くさそう…」

海外のFX業者を使うためには、海外の口座との間でお金をやりとりする必要があります。初体験の方が多いと思うので、抵抗を感じるのは当然のことです。

管理人も出入金が面倒なら「別に国内FXでもいいかー」くらいの勢いでした。

 

しかし蓋を開けてみれば、海外のFX業者を使うからといって出入金がネックになる部分は少なく感じました。

むしろ入金は国内業者を凌ぐほどの便利さを誇ります。なんせ国内業者では対応していないクレジットカード入金に対応していますからね。

出金に関してはNetellerやSkrill(※)が使えなくなってから少し手間がかかるようになってしまいましたが、遅くても1~2週間以内には手元にお金が届きます。

出金手数料を安くするちょっとしたコツも紹介しているので参考にしてみてください。

※Neteller、Skrill:電子決済の代行会社のこと。2016年9月いっぱいまではNetellerやSkrillに口座を持っているだけで、業者を選ばずに便利かつスピーディーに出入金できた。

まずは海外FXの入金・出金ルートをチェック!

まず知っておいてほしいのは「入金方法によって出金方法が変わってくる」ということ。入金方法と出金方法はセットだと考えてください。

後で詳しく紹介しますが、入金方法は次の3種類。

  • クレジットカード
  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金

入金方法によって、出金するまでのルートは2つに別れます。

【クレジットカードで入金した場合】

  • 入金額まで→クレジットカード出金
  • 入金額以上→海外銀行で出金

【国内銀行送金・海外銀行送金で入金した場合】

全て海外銀行送金で出金

【ビッドコインで入金した場合】

  • 入金額まで→ビットコインで出金
  • 入金額以上→海外銀行送金で出金

海外FXの入金方法

入金方法 着金スピード 手数料
クレジットカード 即反映 無料
国内銀行送金 30分~1時間程度 無料
(振込手数料のみ)
ビットコイン 即座~1時間 無料
(ビットコイン決済の手数料0.5%程度のみ)
海外銀行送金 3~5営業日  計7000円~

※取引するブローカーによって若干異なりますが、あくまで「目安」くらいに考えてください。

海外FX入金方法のオススメ選び方

クレジットカード入金

クレジットカード入金

クレジットカードを持っている方は、ネットショッピングする感覚で海外FX口座に入金できます。

手続きすれば口座に入金額が即反映されるので「入金→取引」の流れもかなりスムーズ。手数料は1円もとられません

クレジットカードを持っている人、使える人は絶対にクレジットカード入金を選んでほしい入金方法です。

 

ただし海外FXブローカーによっては対応しているクレジットカードの種類(VISA、MasterCardなど)が少し異なるので気をつけてください。

 

海外FXブローカーのクレジットカード対応状況

 

海外FX業者にカード番号を教えるリスクについて

海外FX業者にクレジットカード番号を教えるのに抵抗がある方もいるだろう。

「カード番号が流出・悪用されたらやばぞう…」

というのは海外FXが初めてなら誰でも頭によぎる不安材料かもしれないな。

ただ俺は今まで海外FX業者がカード番号を悪用したという事件は聞いたことがないぞ!(ちなみにオタク三郎は海外FX歴5年目)

おそらく海外FXブローカー側が機密情報の取扱いに細心の注意を払っているからだろう。

多くの海外FXブローカーはCOMODOという会社のSSLという暗号を使ってカード番号を処理している。

axiory-comodo(引用元:Axiory公式ページ

COMODO社のSSLは世界標準のセキュリティーテクノロジーなので、情報漏洩の可能性はほぼ0に等しい。

せっかく便利な入金方法なんだから、変な先入観で避けるのはもったいないと思うぞ!

国内銀行送金で入金

国内銀行送金の仕組み

恥ずかしながらワケあってクレジットカードを持っていない管理人はいつも国内銀行送金で入金しています。

国内銀行送金の仕組み
  1. トレーダーが国内の指定口座に入金
  2. ブローカーが入金確認後、口座に反映

「クレジットカード入金ほど便利!」とまでは言えませんが、国内銀行送金で入金できればそれほど不便さは感じません。

入金にかかるお金は①の国内銀行への振込手数料だけ。ほとんどのブローカーは国内銀行送金で手数料を徴収していません。

また入金が確認できしだい口座に証拠金を反映させてくれるので、早ければ30分、遅くて1時間以内には取引を始められます。

ただ「銀行振込」になるので、平日9時~15時に銀行窓口かATMで送金しないと入金したその日に反映されないのが少しネック。

ATMに直接行くのは手間がかかるのに加え、土日・祝日のうちは取引スタートできません。

 

三井住友銀行の口座があれば便利!

国内銀行送金用の振込口座は三井住友銀行に作れられているケースが多い。

口座を開設してインターネットバンキングに登録しておけば、銀行への来店なしで平日なら0時~17時30分までの手続きで当日振込に対応してもらえる。

クレジットカードを持っていない方は三井住友銀行に口座を開設しておくのがオススメだな。

国内銀行送金対応の海外FXブローカー

業者名 着金スピード 手数料
xmロゴ 1~2時間程度
(最長で24時間以内)
無料/1万円以上
1,070円+(入金額の0.005%)/1万円未満
TitanFXロゴ 1~2営業日 無料/5万円以上
1000円/5万円未満
LANDFXロゴ 1~2時間以内 無料/5万円以上
1000円/5万円未満
Axioryロゴ 30分以内 無料/2万円以上
1500円/2万円未満

 

国内銀行送金に対応してるってことは…

海外FXブローカーが国内銀行送金に対応するためには、わざわざ日本国内に振込用口座を作っておかないといけないからな。ひと手間かかることになる。

国内不銀行送金できるブローカーは日本人向けサポートに力を入れていると考えられるぞ。

ビットコインで入金

ビットコインなら手数料ほぼ無料で即時入金できる

ビットコインとはインターネット上でお金代わりに使うことができる仮想通貨(暗号通貨)のこと。

ビットコインさえもっておけば、最短で手続きした瞬間に着金するくらいスピード感ある入金方法が手数料格安(入金額の0.5%程度)で利用できます。

ビットコイン入金の仕組み
  1. 「ビットコインウォレット」なるモノに登録
  2. ウォレットに保管(※)してあるビットコインから入金する
    (ビットコイン→口座通貨に両替されて反映)

※「ビットコイン取引所」でビットコインを購入→ビットコインウォレットに保管という運びになります。

後述していますがビットコインは出金にも対応しているので、今後長く海外FXと付き合っていくならビットコインを保有しておいて損はありません。

ビットコインは「株」や「石油」のように、絶えず価値が変わります。(2017年4月15日現在は1ビットコイン(BTC)13万円前後)

入金する際はビットコイン→日本円に換金されるので、ビットコインの相場をしっかりチェックしておきましょう。

またビットコイン(BTC)は0.01BTCから購入できるので、今なら1300円~交換することができます。

ビットコイン入金対応の海外FXブローカー

業者名 着金スピード 手数料(※)
xmロゴ 1時間以内 無料
TitanFXロゴ 即座 無料
Axioryロゴ 15分以内 無料

※海外FXブローカー側が徴収する手数料について記載しています。上述の通り、ビットコインの決済側で別途入金額の0.5%程度の手数料がかかります。

海外銀行送金で入金

入金方法における海外銀行送金はほとんど「あってないようなもの」です。正直、最悪の入金方法なのでみなさんが触れ合う機会は訪れないでしょう。

 

海外銀行送金で入金するデメリット
  • 入金反映までに時間がかかる(3~7営業日)
  • 入金の手数料が高くつく(計7000円以上)

たいていのブローカーは上記の「クレジットカード入金」か「国内銀行送金」に対応しているので、誰も好き好んで選ばない方法だと思います。

「めちゃくちゃ口座のスペックが高いけど、海外銀行送金でしか入金できない…」というケースに陥った時に仕方なく使ってあげてください。

(ちなみに海外銀行送金しか対応していないブローカーで、口座スペックに魅力があるブローカーは金輪際現れな気がしますが…)

 

特に知っておくべき入金方法ではないと思いますが、気になる方は以下をタップ・クリックして詳細を見てみてください。

海外銀行送金でFX口座に入金する仕組み

海外FXの出金方法

海外銀行送金で出金

海外銀行送金出金の仕組み

NetellerやSkrillなどの電子決済会社を通した出入金ができなくなった今、海外FX口座からの出金は海外銀行送金がメインです。

詳しくは後で説明しますが、クレジットカードで入金した場合も入金額を超える銀行は海外送金で出金されることになります。

これから海外FXで取引を始める方は絶対におさえてほしい出金方法です。

海外銀行送金の仕組み
  1. 海外銀行口座→中継銀行
  2. 中継銀行→トレーダーの指定口座

早くて手続きしてから3営業日、遅いときでは1週間~2週間くらい待たされます。手続きしてから着金するまではどこは業者でほとんど差はでません。

 

手数料は最大で3回発生します。

海外銀行送金の手数料
  1. 海外FX口座から送金する時(業者が手数料を徴収)
  2. 中継銀行を経由する時(リフティングチャージ:2500円程度)
  3. 国内銀行で資金を受け取る時(受取手数料:2500円~)
  • お金が手元に入ってくるまでに時間がかる
  • 手数料が高くついてしまう

この2つのデメリットから考えるに、こまめに出金するよりもまとまった金額を1度に出金する方が効率が良さそうですね。

海外銀行送金の手数料を減らす裏ワザ

①手数料無料の海外FX業者で取引する
  • XM
  • Axiory
  • FxPro

この3つのブローカーは海外送金に際してブローカー自身が手数料を1円も徴収しません。

「海外FX口座から送金する時」の手数料が免除されるので、海外送金全体の手数料を安く抑えることができます。

 

②受取手数料無料の国内銀行口座を作っておく

「海外送金は受取手数料がかかる」というのは当たり前ではありません。

銀行によっては手数料なしで海外からの送金を受け取れるところもあります。

  • 新生銀行
  • ソニー銀行

この2つの銀行は口座維持の手数料無料で、インターネットから申し込んで1週間以内に口座が作れるので、口座開設も口座維持もネックになりません。

海外送金受取用の口座を1つ持っておけば「国内銀行で資金を受け取る時の手数料」を節約することができます。

 

海外送金の手数料を節約!

この2つの裏技を併用すれば、最低2500円で海外FX口座から出金できちゃうってことだな。

ちなみに俺はこのことを知ってから新生銀行で海外送金の受取り専用の口座を作ったぜ。

クレジットカード出金

クレジットカード出金の仕組み

クレジットカードで入金した場合のみクレジットカードに出金することができます。

ただし出金できる金額は入金額まで。「出金する」というよりもむしろ「出金をキャンセルする」「返金する」という扱いになるので、入金した金額以上をクレジットカードに出金することはできません。

そもそもクレジットカードには「払い戻し」の機能はありませんからね。

10万円入金して15万の出金を申請した場合】

10万円(入金額)クレジットカードに返金処理

5万円(入金額を超える金額):海外銀行送金で出金処理

入金額がすでに引き落とされてる場合はどうなる?

クレジットカードの引き落とし日以降に出金した場合は

  1. 他の請求分から差し引かれる
  2. 引き落とし口座に払い戻される

のどちらかで処理されます。

例えば次のような場合を考えてください。

1月15日に3万円入金

1月30日にカードの支払い引き落とし

2月2日に3万円出金手続き

この場合、2月30日までに3万円以上カードで買い物していれば相殺処理。

何も買い物していなければ、2月中にクレジットカード会社を通じて引き落とし口座に返金されます。

ビットコイン出金

ビットコインなら出金もスピーディー!ただし入金額以上は銀行送金扱いになる

入金した時とは反対に「口座通貨→ビットコイン」に換金する形で出金して、ビットコインウォレットに着金します。

注意点としては”原則”(入金した金額以上をビットコインで出金できないということ。入金額以上は海外銀行送金で出金処理されます。

※Axioryは入金した金額以上でもビットコインで出金できます。

この1点だけを除けば入金と同じように手数料格安かつスピーディーに出金できるので、文句のつけようがありません。

上記で紹介したビットコイン対応ブローカーの出金手数料・着金スピードは以下の通りです。

業者名 着金スピード 手数料(※)
xmロゴ 24時間以内 無料
TitanFXロゴ 1時間以内 出金額の1%
Axioryロゴ 24時間以内 無料(2万円以上)

※海外FXブローカー側が徴収する手数料について記載しています。上述の通り、ビットコインの決済側で別途入金額の0.5%程度の手数料がかかります。

出入金で海外FXブローカーを選ばないといけない時代が到来した?

海外FXといえども、出入金がネックになる場面はほとんどありません。

ただ業者によって「便利さ」「手数料」には差が出てくる部分もあります。

Netellerが使えた頃は考えられませんでしたが、今となっては海外FXの出入金にかかるお金や手間はブローカーによってマチマチです。

出入金方法も海外FXブローカを選ぶ上での重要な検討要素になると思います。

どれだけ良い取引条件の口座を使っても「出入金が遅くて手数料が余計にかかる」のは避けたほうがいいですからね。

 

ちなみに管理人がメインで使っている2ブローカー、

  • XM(デイトレ用)
  • Axiory(スキャルピング用)

は、クレジットカードを使わなくても便利かつお得に入金でできる国内銀行送金に対応しているのに加え、海外送金の出金手数料を一切徴収していません。

「海外FXの出入金は大丈夫そうだな」と思えた人は、下記のページを参考に取引する海外FX業者を選んでみてください。

【おすすめのFX口座8選】海外FXオタクが条件別に”ドンピシャ”で紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です